経済効果がすごい!ポケモンGOの現状とリアルイベント2018

スポンサーリンク

ポケモンGOが再ブレークしています。

 

2016年7月にリリースされ、

 

2年経過した今どのような変化を迎えているのでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

■海外では空前絶後の大人気

先日のニュースで2018年5月に叩き出した売り上げは1億400万ドル!

日本円にすると約114億円という巨額の売り上げを

たったの一月で記録したというのだから人気は押して然るである。

日本ではブームは去ったなんて言われていたのですが、

そんなことは全然なかったんですね。

 

■日本でも再ブレーク中!

リリース当時の過熱ぶりから、

徐々に若者が離れていき

残ったのは中高年のプレーヤーが多数。

健康目的であったり、

ポケモン世代が懐かしい年代のプレーヤーにとっては

まだまだ多くのポケモンGOをプレイする姿が見られました。

ある転機を迎えたのは伝説ポケモンとレイドの実装でした。

 

■人気の伝説ポケモンをゲットしたい

人気の伝説ポケモンが満を持して登場です。

通常のマップ上には出現せず、

マップ上に存在するポケモンジムの上に

伝説ポケモンがランダムで出現します。

これがレイドと呼ばれる多人数で

強力な敵を倒すイベントなのですが

このレイドで敵を倒すことで

伝説ポケモンをゲットできるチャンスが得られるようになります。

このレイドが実装されてからポケモンGOが再ブレークしていきました。

 

■レイドによる街への影響

伝説ポケモンが出現したある一箇所に

多くのプレーヤーが集まるようになりました。

場所によってはポケモンGOをプレイしていない

一般のお客がいるような場所であれ

ものすごい大勢がスマホを持って一気に押し寄せるようになりました。

都内の有名な場所、秋葉原や錦糸町などは

平日昼間でも大量に人が集まって来ます。

新宿や品川のようなターミナル駅前も

ものすごい人が集まります。

マナーを守らない一部の人たちは

進入禁止のエリアに入り込んだり

車で路駐をするといった迷惑行為も見受けられます。

 

■2018年イベント参加券の配布

2018年夏、アンノーンと呼ばれるレアポケモンが出現する

イベントが開催されることになりました。

イベントに参加するにはポケモンGOの

スポンサー企業でアンケートに回答したり

商品を買ったりする必要があります。

参加券は数に限りがあり先着順の配布となっています。

 

■SoftBankのアンケート事件

SoftBankではアンケートの回答した人に

参加券が手に入るQRコードが用意されていましたが

多くのポケモンGOユーザが殺到したため

該当のURLにアクセスが集中したため

サーバがダウンしてしまうという事態になってしまいました。

結局、イベント参加券の配布は中止となり、

SoftBankのアンケート回答で参加できる

イベントは今のところ再開の見通しが立っていないようで

いつ再開されるかが未定となっています。

 

■マクドナルドによる参加券の配布

マクドナルドではロコモコバーガーのセットを

携帯のアプリでクーポンを取得して提示することで

イベントの参加券を配布しました。

店舗によって枚数が異なるとのことでしたが、

かなりの枚数が用意されていたことと

マクドナルドの店員さんの対応マニュアルが

きちんとされていたこともあって

大きな問題になることなく実施されました。

一部、朝マックのない店舗では、

通常より早い時間帯でイベント参加券を入手することができたらしいです。

 

■tohoシネマによる参加券の配布

tohoシネマではポケモンの映画「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」を

見た人にイベント参加券が配布されました。

こちらはかなりの量を用意しているようで

参加券が不足するといった事態にはならなかったようです。

参加券のために映画を見ると言うのは

なかなか敷居が高いのかもしれませんが

映画を楽しみにしている層であれば

この配布条件は嬉しいですね。

 

■ジョイフルによる参加券の配布

ファミレスであるジョイフルでも同じように

飲食をした人に対しイベント参加券が配布されました。

都内や人が多い地域では、来客数に対して

イベント参加券の枚数が少なかったために

受け取れなかった人が続出したようです。

また、注文を受けて、食事をしたあと

会計時に参加券を配布する方式であったため

飲食しているうちに参加券が配布終了してしまったり

いくつかの問題が発生してしまいました。

また、店舗への電話での問い合わせも多かったようで

電話は常に鳴りっぱなしという状態だったそうです。

 

■イベント参加券についての賛否両論

イベントに参加したいユーザにとって、

参加券入手は絶対に必要でしょうから

今回のようなイベント参加券を先着順で枚数制限をして

スポンサー企業の商品を買わなければならないのは賛否両論あります。

特にポケモンGOユーザではない一般のお客にとっては

今回のケースで不利益を被ったのではないでしょうか。

先着順ではなくて全員に配布にすればよいのにといった声もあります。

ですが、おそらく全員参加可能にしてしまうと

一斉にアクセスが集中してサーバダウンする可能性もあるので

人数に制限をかけているのかもしれません。

 

 

■今回のイベントによる経済効果

今回のイベントで参加券を入手するために

多くのユーザがスポンサー企業にお金を払っています。

これはおそらくすごい金額の経済効果が

あったのではと推測されます。

今後同じようなイベントを開催していくのかどうか

注目ですね。

 

■ポケモンGOの2018年夏のイベントスケジュールまとめ

 

・7月16日~23日 シカゴ分のグローバルチャレンジ達成報酬開始

捕獲、卵、レイドで飴増量 卵孵化の距離短縮

・7月17日15時 Joyfull参加券配布開始

・7月19日 レジアイス終了

・7月20日 レジスチルかレジロック開始

・7月21日 シカゴスペシャルアンロック

サンダーディ 12~15時 色違い 特別な技 でんきショック

・7月24日 タリーズ 参加券配布開始予定

・7月27日 スペシャル ウィークエンド

(TOHOシネマズ Joyfull タリーズの参加券)

T型 J型 ゼニガメ等

・7月28日 スペシャル ウィークエンド

(マクドナルドの参加券)

M型 D型 ピカチュウ等

・7月29日 スペシャル ウィークエンド

(イオンの参加券)

A型 E型 フシギダネ等

・7月31日 2周年 ピカチュウ終了

・8月4日

12~15時 フリーザーディ 色違い

15~18時 ゼニガメ 色 技違い サングラスゼニガメの色 技違い

・8月29日~9月2日 横須賀イベント

キャモメ ヒンバス アチャモ等出現率UP

・9月3日~9日 横須賀分のグローバルチャレンジ達成報酬開始

捕獲、卵孵化、レイドで砂増量 星のかけら1時間

・9月8日 ファイヤーディ

・ウルトラアンロック、セレビィスペシャルタスク

・SoftBankイベント 日程未定

 

■ポケモンGO再ブレークのまとめ

日本でも再ブレークしているポケモンGO。

家の中でずっとゲームしているよりは

外に出て歩きまくる分健康にも良いですね。

真夏は炎天下の中、レイドに参加するのであれば

しっかり水分補給と暑さ対策を行なってくださいね。

どんどん進化して面白くなっているポケモンGO。

今後どのようになっていくのかこれからが非常に楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました